UA-51366805-1 google8e57743e63b0fc04.html google-site-verification: google8e57743e63b0fc04.html

2016年02月16日

空気清浄機の静かさ比較「パナソニック」VS「ダイキン」

我が家の空気清浄機を2台、花粉の季節を前に一気に入れ替えました。 

パナソニックのPM2.5対応加湿空気清浄機 と
ダイキン(DAIKIN)加湿ストリーマ空気清浄機。 
IMG_3945.JPG

IMG_3946.JPG

写真 左:パナソニック 右:ダイキン


(10年ほど使っていたのが、シャープの空気清浄機でした。)

 
最初に購入したのが、

ダイキンのTCK55P

ダイキンを選んだのは、知り合いの家で見せてもらい、ハウスダストアレルギーが改善されたときいたので、購入! それに、ダイキンは空調では一番大きな会社だし。 

運転してみて、確かに10年前のシャープ製と比べると、性能は良くなっていて、お手入れも簡単。 
空気の掃除機! という感じです。 

でも、もう少し、静かな製品は無いのか? と、後で買ったのが



パナソニックF−VC70XK。 


これが結構良かった。 
IMG_3947.JPG

IMG_3948.JPG




大きさはダイキンと比較してもあまり変わりないけれど、一番違うのが

空気を吸い込む音。 

スイッチを入れると上部分の羽がオープンし、空気の流れを作って、

静かさはパナソニックが上でした。 

音の大きさかもしれないけれど、音の質? 人が受け入れやすい音です。 

他にも、底にコマがついていて、少し動かしたい時、ころころと移動できたり、 

加湿の給水タンクが斜めにならず、自立して水道水を入れられるようになっていたり、

細かいところに気配りがありました。 


価格はー


ダイキンの方が2〜3千円安いです。 

いずれも2万円〜2万5千円ほど。

ダイキンはカメラのキタムラ ネットショップで購入。 (←最安値)

パナソニックはヤマダ電機で購入しました。(←最安値)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
製品仕様を載せておきますので、ご参考にー

パナソニック F−VC70XK

【製品特徴】
■ハウスダストの吸引スピード約1.5倍の秘密は汚れをかき集める空気の力の進化
■気になるPM2.5の濃度を検知してランプでお知らせ
■高性能フィルターで、汚れやニオイをしっかりキャッチ


【製品仕様】
●畳数:[適用床面積]空気清浄:31畳(51平方メートル)、加湿:木造12畳(20平方メートル)/プレハブ19畳(32平方メートル)
●パネル仕上げ:高光沢成型
●設置方式:卓上・床置両用
●集じん:
・集じん方式:機械式(静電HEPA)
・交換:交換:約10年
・プレフィルター:本体内
●脱臭:
・脱臭フィルター:スーパーナノテク脱臭
・交換:交換:約10年
●仕様:外形寸法(高さ×幅×奥行):636×398×245(+脚部:22)mm
●質量:10.0kg
●待機電力:0.3W
●8畳の清浄時間:約9分
●風量: ターボ:6.7立方メートル/分、 中:2.7立方メートル/分、 静音:1.1立方メートル/分
●騒音: ターボ:54dB、 中:33dB、 静音:18dB
●消費電力: ターボ:66.0W、 中:11.0W、 静音:6.0W
●電気代(円/h): ターボ:約1.8円、 中:約0.3円、 静音:約0.2円
●除菌:
・空中:nanoe(ナノイー)
・本体:バイオ除菌
・抗アレルゲン:スーパーアレルバスター
・抗ウイルス:カテキン
●センサー:
・ほこり:粒径検知
・ニオイ:○
・湿度:○
・ひとセンサー:○
・照度:○
●フラップ:ツイン気流メガキャッチャー(おそうじ気流)
●表示:
・クリーンサイン:○(青2、赤3)
・汚れ識別:PM2.5サイン(LED)
・湿度表示:10%表示
・給水:○
・点検:○
●操作:
・運転:運転 切/入
・加湿・空清(モード切換):おまかせ/加湿空気清浄/空気清浄
・風量切換:ターボ/中/静音/風量自動
・衣類脱臭:○
・留守そうじ:○
・気流:ニオイ・けむり/ハウスダスト/気流自動
・省エネ:エコナビ
・湿度切替:高め・標準・控えめ
・nanoe(ナノイー)入/切:○(W押し:エコナビ+加湿・空清)
・チャイルドロック:○
・おやすみ:おやすみ自動運転
・切タイマー:○(2・4h)
●シームレスドライブ:○
●モーター インバーター:○
●ファン:シロッコファン

●加湿:
・加湿畳数:木造:12畳(20平方メートル)/プレハブ:19畳(32平方メートル)
・加湿 空清畳数:29畳(48平方メートル)
・加湿 8畳の清浄時間:約10分
・風量: ターボ:6.3立方メートル/分、 中:3.1立方メートル/分、 静音:1.9立方メートル/分
・加湿量: ターボ:700mL/h、 中:400mL/h、 静音:250mL/h
・騒音: ターボ:53dB、 中:36dB、 静音:25dB
・消費電力: ターボ:58.0W、 中:15.0W、 静音:10.0W
・電気代(円/h): ターボ:約1.6円、 中:約0.4円、 静音:約0.3円
・タンク容量:約3.5L
・連続運転時間:約5時間
・フィルター:フュージョンフィルター
・交換:約10年
・防カビユニット:○
・イオン除菌:○







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ダイキン TCK55P

■ストリーマの分解力に加えて、アクティブプラズマイオンを搭載
■コンパクトでも パワフル吸引
■エアコンとの併用で快適さをアップ
■空気中の浮遊物質に付着した有害ガスまで抑制


●適用床面積の目安:
・空気清浄:〜25畳(〜41m2)8畳を清浄する目安-11分
・加湿 + 空気清浄(空気清浄):〜25畳(〜41m2)8畳を清浄する目安-11分
・加湿 + 空気清浄(加湿空気清浄):〜プレハブ14畳(〜23m2)〜木造8.5畳(〜14m2)
●電源:単相100V(50Hz・60Hz共通)キャブタイヤコード(床置対応)
●本体寸法(mm):H590×W374×D270
●本体質量(kg):11(水無し)
●風量(m3/分):
・空気清浄:しずか/1.0、弱/2.1、標準/3.2、ターボ/5.5
・加湿空気清浄:しずか/1.8、弱/2.5、標準/3.2、ターボ/5.5
●消費電力(W):
・空気清浄:しずか/7.0、弱/10.0、標準/17.0、ターボ/56.0
・加湿空気清浄:しずか/12.0、弱/14.0、標準/19.0、ターボ/58.0
●電気代(円) 1時間当たり 1kwh=22円(税込):
・空気清浄:しずか/0.15、弱/0.22、標準/0.37、ターボ/1.23
・加湿空気清浄:しずか/0.26、弱/0.31、標準/0.42、ターボ/1.28
●運転音(dB):
・空気清浄:しずか/19、弱/29、標準/39、ターボ/53
・加湿空気清浄:しずか/25、弱/33、標準/39、ターボ/53
●加湿方式:500(mL/時)気化エレメント回転式・ダブルパスミキシング方式
●タンク容量(L):約3.0

本製品は量販店モデルMCK55Pと同性能のキタムラ販売モデルです




posted by hanahmama at 14:26| Comment(0) | 美容・健康のレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: