UA-51366805-1

2019年02月28日

デアゴスティーニ【ハワイアンキルト】を初心者が作ってみました

キャシー中島さんのハワイアンキルト教室は、テレビの特集で見たことがありましたが、習う機会は無いと思っていました。 

テレビや雑誌で作品を見て、素敵だな、キルトができたらな、っと思っても、初心者がいきなりキャシー中島さんのキルト教室に入るなんて、ありえません。

「キャシー中島のオリジナルデザイン、デアゴスティーニのハワイアンキルト、

創刊号特別価格499円」

「♪デアゴスティーニ♪」



ん?

デアゴスティーニのキャシー中島さんのハワイアンキルトが、499円?! 

一気にハードルが下がりました。

春の習い事のつもりで、デアゴスティーニに挑戦!

失敗しても傷は浅い! という訳で、

初心者でも作品を完成させることができるのかやってみましたので、ブログにします。

デアゴスティーニ キルト 1.jpeg



  =もくじ=

1)デアゴスティーニ ハワイアンキルトのセット内容
2)作品の解説は分かりやすいか
3)初心者でも挫折することなく作品ができるのか
4)何回分の付録で作品ができ上がるか
5)デアゴスティーニの販売書店とネット通販
  5)-1 書店販売
  5)-2 ネット販売  
6)まとめ
 


1)デアゴスティーニ ハワイアンキルト創刊号のセット内容




創刊号の材料セットはコチラです。

デアゴスティーニ キルト 材料 画像 .jpeg



どちらの号もテキストプラス、2種類の作品の材料が入っていました。 


<2種類の作品>


@キルトのピンクッション(針山)
デアゴスティーニ ピンクッション.jpeg

ピンクッションは創刊号と2号の2回で完成品になります。


A大きなインテリアカバー(出来上がり202cmx148cm)の中の一つのキルトパーツ

デアゴスティーニ インテリアカバーパーツ.jpeg デアゴスティーニ.jpeg

インテリアカバーは大作なので、20個のパーツを一つづつ作った後につなぎ合わせ、大きなインテリアカバーにするようです。 
完成までには長い道のりがありそうですが、パーツ一つ一つのデザインを楽しめそう。



ということで、初心者の私は、先ず、2回で完成品になるピンクッションをやってみることにしました。 

図案もかわいいし、すぐに使えそう。 



2)作品の解説は分かりやすいか?




分かりやすさのポイントは2つ!【動画】と【型紙】があることです。

 

ポイント1−【動画】



テキストは詳しい解説が写真付きで書いてあるので、分かりやすいのですが、どっち方向に縫うのか? 
読んだだけでは本当にこれでよいのか? 分からないところに動画のQRコードがありました。

迷わず動画チェック!

テキストのQRコードをスマホに読み込めばそのステップの動画を見ることができます。 

デアゴスティーニ キルト QRコード.jpeg

初心者は迷わず、見たほうが良い! 

針の運び方、細かい作業が手元のアップで見ることができます。


ポイント2−【型紙】



絵心の無い私は、形を描くことが苦手。 

デアゴスティーニは型紙が付いているので、型紙の形通りに写せば形になります。 

本当にありがたい、型紙さま✨。 

デアゴスティーニ キルト 手順 1.jpeg

動画と型紙に助けられながら、進めていったのが、こちら

デアゴスティーニ キルト手順2.jpeg

縫い目は本当の初心者(汗)ですが、だんだんと形になってきました。 

デアゴスティーニ キルト 手順3.jpeg


デアゴスティーニ キルト 完成 裏.jpeg

デアゴスティーニ キルト完成.jpeg

 

3)初心者でも挫折することなく作品ができるのか




キルト初心者が作品を完成させることができるのか? 

途中で分からなくなって、挫折してしまわないか?

と思ったのですが、動画に助けられ、第1作目、ピンクッションはトータル4時間で完成しました。 

このピンクッションを作り上げるのには、(型紙で)形を書いたり、しつけをしたり、キルト芯を重ねて縫ったりと、何回か工程を進めて完成形に近づいていきます。 

へー、キルトって、キルト芯というものを重ねて波縫いするんだ〜

とか、

模様(アップリケ)になる部分は端を織り込んで縫っていたんだ〜 


とか、発見がありました。

ピンクッションは小さいですが、キルトのやり方がギュッと詰まった作品になっています。

小さいので、完成が早いのも助けられました(笑)。 


という訳で、デアゴスティーニは初心者でも出来ました。 

私にできたのだから、誰でも出来ると断言できます(苦笑)😃

 
キルトのピンクッション(針山)の場合、完成までに取り組んだのは2日間でどちらも2時間以内。

何日かに分けて、トータルで3時間〜4時間あれば初心者でも本当に無理なく出来ます。 


デアゴスティーニ


4)何回分の付録で作品ができ上がるか




デアゴスティーニの材料付録は創刊号に2種類の作品がついていますが、どちらも完成までの材料は入っていません。
ピンクッションを完成させるには創刊号と第2号の付録が必要です。

創刊号の材料セットはコチラです。

デアゴスティーニ キルト 材料 画像 .jpeg


2号の材料セットはコチラです。

デアゴスティーニ キルト 材料2.jpeg



@キルトのピンクッション(針山)

ピンクッションは創刊号と2号の2回の材料が揃って完成品になります。
創刊号の付録だけでなく、2号の付録も必要です。


A大きなインテリアカバー(出来上がり202cmx148cm)の中の一つのキルトパーツ

インテリアカバーは大作なので、20個のパーツを一つづつ作り、最後につなぎ合わせ、インテリアカバーにするようです。 


何回分の付録で作品が出来るかというと、小さな作品だと1、2回分の材料、大きなインテリアカバー(出来上がり202cmx148cm)はおそらく10回以上の付録で完成になるのではと思います。 


 

5)デアゴスティーニの販売店とネット通販



5)-1 デアゴスティーニの販売書店



デアゴスティーニを販売する書店を検索してみたのですが、各書店に問い合わせないと分からないようです。 
テレビコマーシャルになっている創刊号は大きな書店で見ることもあるのですが、基本はネット通販で購入する方が確実です。


5)-2 デアゴスティーニのネット通販



 デアゴスティーニのホームページから購入することができ、書店を探し回らなくてもバックナンバーも購入できます。 

デアゴスティーニのページはコチラです。

隔週刊 キャシーといっしょに ハワイアンキルト

 
ネット通販はバックナンバーや最新号が確実にあり、お得な定期購読もあります。



デアゴスティーニの定期購読がお得な訳は3つ!



1)送料無料!

2)途中解約ができる

解約には12日かかるそうなので、事前連絡を。
電話番号:0120-300-851(フリーダイヤル)
営業時間:10:00〜18:00(年末年始を除く)

3)一括払いしなくて良い!

クレジットカードで月々の引き落としされます
(コンビニエンスストアまたは郵便局からの振り込みを選択することも可能)




定期購読の申し込みもデアゴスティーニのホームページからできます。

https://deagostini.jp/khq/



6)まとめ





ハワイアンキルト初挑戦でしたが、なんとか形になるものができました。 
縫い目はまだまだ不ぞろいですが、これからいくつか作品を作っていけば上手になりそうな気がします。

  
縫い物は苦手意識があって、習いに行くのも恥ずかしかったし、わざわざ交通費と時間を使って外出なんて、考えられませんでした。 

こんな初心者でもやれば素敵な作品ができました。

 
次はもう少し大きなものも挑戦してみようかと思っています。 

キルトに興味のある方は最初のステップとしてお勧めです。

●キャシー中島さんのキルト教室とデアゴスティーニのハワイアンキルトとの比較のブログ記事

キャシー中島さんの「キルト教室」とデアゴスティーニの「キャシーハワイアンキルト」の比較をご覧ください。

http://yuruidesu.seesaa.net/article/deagostini.html

 
ホームページはコチラです
隔週刊 キャシーといっしょに ハワイアンキルト


デアゴスティーニ


posted by hanahmama at 13:06| Comment(0) | デアゴスティーニ特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: