UA-51366805-1 google8e57743e63b0fc04.html

2020年05月15日

近鉄百貨店ネットショップに50枚箱入り不織布マスク販売中です

緊急事態宣言が解除になっても、マスクは外出の必需品です。 

ネットで質のよいマスクが手に入るところはまだ少ない中、近鉄百貨店で50枚入り不織布マスクの販売が始まりました。 

価格は2,980円(税込) 

マスク家族.JPG



マスクの仕様




息苦しくない立体構造、3層構造フィルター、耳が痛くなりにくいソフトな耳ひもの、使い切りタイプの不織布マスクです。

■サイズ:約170×95 mm
■内容量:50枚・化粧箱入り
■中国製
■素材:(本体)ポリプロピレン、ポリオレフィン、(フィルター)ポリプロピレン、(ノーズフィッター)ポリプロピレン、(耳ひも)ポリエステル・ポリウレタン
■5月中旬以降に順次出荷

近鉄百貨店の送料 




地域によって異なりますが、660円のとことが多いです(詳しくは株式会社近鉄百貨店の送料のページをご覧ください。

また、5月末までは、税抜10,000円以上お買いあげで送料無料のキャンペーンをしていますので、「除菌グッズ」などとあわせて購入されても良いと思います。 

株式会社近鉄百貨店ホームページの検索画面で、「マスク」と入力すると出てきます。 





夏の接触冷感マスクのページ



2020年、この夏絶対欲しい、接触冷感マスクのページは

夏用日本製マスク、西川、ミズノと無印、イオン、楽天のまとめ

をご覧ください。
posted by hanahmama at 10:46| Comment(0) | マスク特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

マスクのネット販売情報、5月最新、布製マスクと不織布マスク

コロナウィルスの予防に、人にうつさないために、マスクはこれからの習慣になりそうです。 
貴重なサージカルマスク(使い捨てマスク)を使う時、繰り返し使える布マスクを使う時、使い分ける人が増えています。 

いずれにせよ、マスクのストックは必要です。

5月初旬、現在、マスクをネットで買うことができる情報をお知らせします。 

ヨーカドーマスク.PNG



情報1:
西武・そごうのe.デパートで布製のハイドロ銀チタン ガーゼマスク ふつうサイズがネット販売されています。 


情報2ロフトの公式オンラインショッピングサイトでピッタマスクや布製マスクが販売されています。 

ただ、入庫するとすぐに売り切れてしまうので、タイミングがよければ買えるという感じです。 



情報3:アイリスオーヤマの公式通販サイト「アイリスプラザ」は、不織布マスクをほぼ毎日13時〜販売しています。 

ネットアクセスが集中してしまうので買えるかどうかですが、タイミングがよければ買えます。 完売は15時頃の日が多いですが、また次の日に同じように販売していますので、焦らず、アクセスが悪かったら次の日にトライしてみてください。 




西武・そごうのe.デパート

ロフトの公式オンラインショッピングサイト

アイリスプラザ


西武・そごうのe.デパートで販売されている布製のハイドロ銀チタン ガーゼマスク ふつうサイズ



普通サイズと小さめサイズ、2枚セットで1,960円(税込み 2,156円)です。 

布製ですので、洗って、繰り返し使えます。 


ハイドロ銀チタン ガーゼマスク ふつうサイズ(1枚入り) 2枚セット


ハイドロ銀チタンの、繰り返し使えるガーゼマスクです。


本体価格 : 1,960円 (税込:2,156円)






ハイドロ銀チタン ガーゼマスク 小さめサイズ(1枚入り) 2枚セット もあります。 


本体価格 : 1,960円 (税込:2,156円)



洗濯方法:ぬるま湯に中性洗剤を入れて手洗いをします。やさしく押し洗いをします。タオル等で水分を吸い取ります。形を整えて自然乾燥。アイロンをかけるときは中温で。


また新しい情報が入りましたら、このブログでお伝えします。 

みなさん、感染しないように、感染させないように、ちょっとした外出でもマスクをして周りへの思いやりを表しましょう。 

posted by hanahmama at 12:06| Comment(0) | マスク特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

アベのマスクにマスクフィルターをプラス、コロナ対策効果アップできます

アベのマスクとニックネームのついてしまったマスクですが、そろそろ各家庭に2枚づつ配布されてくるはずです。 

小さくて不安、隙間があいてガバガバしているのでウィルス対策にならないなど、いろんな意見がありますが、発想の転換をして、布マスクの内側に不織布フィルターをつけてウィルスに対する性能をアップさせましょう。 

アベのマスクに限らず、自前の布マスクや、不織布マスクを洗ってリサイクルしたものにも使えます。 

不織布シート2.jpg

アベのマスクの性能アップ方法 




マスクの内側に不織布シートを1枚プラスするだけで、布マスクのがばがばした隙間をカバーできます。 

本当に気になる場所、例えば電車に乗るとき、病院(院内感染が気になります)などはフィルターを2枚重ねにしてしっかりとガードして出かけるようにしています。 

自分が感染しないためにも、自分が無症状で感染している場合は、周りの人の為にもなりますので、ぜひフィルターを活用してほしいです。 



マスクフィルターの在庫 



マスク同様に、マスクフィルターも売り切れが増えてきていますが、マスクに比べて、製造工程が少ないので、またすぐに入庫されてきています。 

(その分、自宅で衛生面に気をつけて、適当な大きさに裁断する必要があります。)

売り切れでも、入荷情報を受け取るようにしておくと、タイミングよく注文することができます。

不織布シート&マスク.jpg 

おすすめのマスクフィルター




衛生面とフィルターの性能にこだわって、レビュー、評判のよいものを選びました。   

売り切れてしまうかもしれませんが、売り切れの場合は”ほしいものリストに追加する”などして、入荷情報をキャッチできるようにできます。











まとめ



緊急事態宣言が全国に発令されて、日本全国で外出に気を使う日々です。 
コロナの影響で良いニュースがなかなか聞かれませんが、ひとりひとりが小さなことでもやることが大切だと思います。
 
マスクフィルターを切ること一つとっても、テーブルを消毒、はさみを消毒し、マスクの大きさに切ることは面倒でしたが、 
たくさんフィルターができましたので、親戚に送りました。 
親戚からはありがとうの言葉。 
小さなことですが、誰かの役にたつことができ、心が豊かになりました。 
 





posted by hanahmama at 11:36| Comment(0) | マスク特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする